• Narrow screen resolution
  • Wide screen resolution
  • Wide screen resolution
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size


淤血(おけつ)

淤血という言葉をご存じですか

淤血とは、一言でいえば「血液の粘度が高くなり、血の流れが悪くなった状態」です。私たちのこころや体を のびやかに保つためには、きれいな血液がいきいきと全身を流れていることが必要です。血液は人間の生命を支える重要な物質なのです。
健康体操・ストレッチ運動
ところが、この大切な役割を担っている血液が、体の各所に不調をもたらす元凶になってしまうことがあります。体に害を及ぼすように汚れたり、滞ったり、 固まりやすくなったりした血液のことを、中国漢方では「淤血」と呼んでいます。

運動不足、偏った食事、不規則な生活など お血の原因もさまざま。現代はまさに「お血の時代」といえます。なかでも現代人にとって一番の大敵は、精神的 なストレスです。血液の質と量を管理し、新陳代謝を行い、血液の貯蔵、循環をつかさどつているのは肝臓です。ストレスは肝臓の働きを悪くして癖血の大きな 原因となります。さらに、食事が肉食に偏ると血液はネバネバとしますし、運動不足や過労も血流くして淤血の原因となります。

人間のからだは血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内 臓や脳の働きを悪くし、いろいろな成人病を引き起こします。思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになり ます。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因ともなります。

淤血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、淤血とな り、ますます回復が困難になります。

中国漢方には、「未病を治す」という重要な考え方があります。日頃の養生によって病気を未然に防ぎ、体調を崩す一歩手前の段階でくい止めようというもの です。

現代の西洋医学では、検査のデータが優先するあまり、体調の変化や自覚症状だけではなかなか病気として認めてもらえないところがあります。検査データに はあらわれない病気の前段階、つまり「末病」の人には多くの場合淤血の傾向がみられます。中国漢方で「淤血」の考え方が重視されるのは、体の不調をいち早 く見つけだすための、貴重な手がかりとなるためです。

体に発生した淤血を除去する方法を、中国漢方では「活血化淤(かっけつけお)」と呼んでいます。これはドロドロになった血液をサラサラに変え、うっ滞を 取り除き、スムーズに流れるよう改善するものです。漢方薬の中には、血液の汚れを除去し、生き生きとよみがえらせる働きをもった活血化淤の薬がたくさんあ ります。

この活血化淤の薬は、血液が滞るのを阻止する力をもった各種の生薬で構成され、できてしまった淤血を取り除くのはもとより、淤血の発生予防にもすぐれた 効果を発揮します。

最近は肉食中心の食生活で血管の老化が早まり、若い人にも成人病が増えています。人は血管とともに老いるといわれます。活血化淤の方法で血液を生き生き と流れるように保つことは、老化予防にもつながります。

淤血の予防は毎日の生活が基本です。適度な運動を行い、ストレスがたまらないよう心がけましょう。さらに、十分な睡眠をとり、いろいろなものをバランス よく食ペ、生活環境(特に冷暖房)に注意することが養生法となります。

【運動】
散歩・健康体操・ストレッチ運動……。その人の体力に見合った適度な運動は、血行を促進し、体の抵抗力を高めます。日々の生活のなかにスポーツをとり入 れ、体全体の筋肉を動かすことで新陳代謝を活発にすることが、血流の改善にはとてもよいのです。寝たきりの人には、軽いマッサージをしてあげるだけでも血 行促進効果があります。リハビリが必要な万には、機能回復運動とともに血流をよくするツボや経路を刺激します。押えて気持ちの良いところを指圧、マッサー ジするだけでも効果はあります。

【精神面】
精神面のアンバランスは「気」の流れを悪くし、「気」に乗って流れている「血」にも影響します。イライラしないよう、気持ちを常にリラックスさせること です。緊張状態が長く続くような時には、趣味や親しい人とのおしゃべりなどによって気分転換をはかりましょう。気や血のエネルギーが、体のすみずみにまで のびやかに行き届くようなイメージをもつことです。

【食事】
イワシやサバ、アジなどの青魚、シシトウ、サヤインゲン、ホウレン草、トマト、シソなどの野菜には、血液をサラサラにする働きのあることがわかっていま す。旬の頃のイワシなら、毎日70グラム食べると血栓や動脈硬化の予防につながります。これに予防効果のある野菜を組み合わせます。血液をサラサラにする 効果は持続はしません。毎日少量でもとってください。


冠元顆粒開発ものがたり
故毛沢東主席の病気がキッカケ

60年代後半から70年代はじめ、中国は文化大革命のまっ只中にあった。当時 毛沢東主 席がひどい気管支炎と心臓病を患っていたことは、国家的な重大問題であった。周恩来首相は、この事態を重く見て、全国の医療機関に脳心血管病の特効薬の開 発を呼びかけた。

これにより北京・上海・成都・広東で大規模な医療チームが組織され、中国全土を舞台にした漢方新薬開発競争が繰り広げられることとなった。そのうち北京 チームでは、中国中医研究院附属西苑医院が中心となった。処方研究面では中国の漢方医である故郭士魁医師が、薬理研究面では李連達教授が大活躍した。郭医 師はその建研と知識を最大限に活用して、漢の時代から続いた学説を打ち破る新しい治療法を確立、多くの研究者の強力を得て「冠心Ⅱ号方」という薬を作り出 した。

冠心Ⅱ号方には、5種類の生薬が配合された。コレステロールや中性脂肪な どの増加から血液がドロドロに汚れ、滞った状態を中国医学では「お(やまいだれに於)血」というが、、5つの生薬にはこれらを改善し血流を良くする効果が ある。だから冠心Ⅱ号方は、「お血」が心臓の血管を詰まらせることから起こる狭心症や心筋梗塞の特効薬となった。一方、動脈硬化によって脳動脈が詰まる脳 梗塞や、血栓が脳に流れて脳動脈を詰まらせる脳栓塞にも治療効果をあげた。

2000年1月10日 百歳元気 新聞より

 

▼不妊治療特設サイトはこちら▼

漢方子宝サイト

漢方子宝サイト

訪問リハビリマッサージ
訪問リハビリマッサージ
寝たきりにしない、させない、つくらない。
医療保険適応だから数百円で受けられる。
ダイエット
痩せたい人はここをクリックして下さいメタボから脱出!絶対ヤセるゾっ
そんな決意を応援したいから.....
膝痛、腰痛、高血圧、糖尿、高コレステロールなど生活習慣病の改善・予防にも
宿便・便秘
宿便・便秘 毎朝つるりポンッ!
バナナ2~3本のうんち出てますか?
お腹ポッコリ。張って苦しい。何を試してもスッキリ出ない。
という方ももう大丈夫!
不妊症例
不妊症例
原因不明、子宮内膜症、多のう胞性卵巣症候群などなど、当店での不妊相談例の一部です。
Mobile Version | Standard Version