子宮内膜症・チョコレート嚢腫と不妊


子宮内膜症・チョコレート嚢腫でお悩みの方、とても多いですね。

 

妊娠希望の方の場合、子宮内膜症の治療をどうするかはとても難しい選択になることがあります。なぜなら子宮内膜症の薬物治療と不妊治療を同時に行うことができないからです。

 

なぜできないかというと子宮内膜症の薬物治療は基本的に、排卵が起きない状態、閉経したような状態にすることから、不妊治療とは真逆の治療になるためです。

 

病院では状態によってお薬治療、手術療法が用いられます。お薬ではジエノゲスト、GnRHアゴニスト (GnRHa)、低用量ピル、EP配合製剤、鎮痛剤などが使用されます。

 

その中ではジエノゲスト(ディナゲスト)というお薬が従来のお薬に比べ、副作用が少なく、長期に服用できるということで使用されることが増えました。

 

作用としてはLHサージと卵胞の発育を抑え、子宮内膜症細胞にも直接働き抑制することで子宮内膜症の治療効果を発揮します。

 

妊娠希望の方は、子宮内膜症がある程度縮小した時点で不妊治療に切り替えるということになります。

 

ここで大事なことは薬物治療で子宮内膜症が完治させるのは難しく、あくまでもコントロールすると考えた方がよいでしょう。また、チョコレート嚢腫の場合は卵巣機能や卵子の質に影響を与えることがあるため要注意です。

 

妊娠希望の方で子宮内膜症・チョコレート嚢腫のお悩みをお持ちの方の場合、中医学(漢方・鍼灸)で同時に対処できる可能性があります。西洋医学とは全く違うアプローチがあるというのはとても勇気づけられますね。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =