胸が苦しい

胸が苦しい、不快感、痛み胸が苦しい、不快感、痛み胸が苦しい、不快感、痛み

漢方では胸部の経絡・脈絡を通る気血の流れが悪くなると、しめつけられるような不快感や痛みが起こると考えます。

 

漢方における原因

冷え体質、血行不良、寒冷
冷え体質の方はもともと血の流れが悪く、さらに寒冷の刺激を受けるとより血流が悪化し胸の痛みが起こる

食習慣、不摂生、過度のアルコール、コレステロール、血管
飲食物の不摂生や過度のアルコール摂取により、コレステロールなどがたまりやすくなり、胸部の血管をふさぐようになると胸の痛みが起こる

ストレス、自律神経失調
長期間のストレス状態により、血液の質の悪化、自律神経の乱れが血管を収縮させることにより起こる。

 

よく使う漢方

・冠元顆粒(かんげんかりゅう)

・竹如温胆湯(ちくじょうんたんとう)

・生脈散(しょうみゃくほう)

※適する漢方は一人ひとり異なります。上記症状でお悩みの方は升屋栄貫堂までご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − eleven =